KAIT 次世代音楽音響システム研究プロジェクト KAIT Acoustics

音響の最先端へ. バーチャル楽器製作から立体音響まで. 神奈川工科大学では,次世代の音楽音響システムを研究しています.

第5回 食とアートのコラボレーション

eat5post

第5回 食とアートのコラボレーション フード&アートエクセレンス

―五感を使って印象派を読み解く―

「マインドフルイーティング」。心豊かに食事をすることを私たちはこのように呼んでいます。 五感(視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚)をフルに使い、そこに、親しい人との食卓があれば、 より深い満足感が得られ、ひいては心身の健康につながるはず。 そんな体験をお届けしようと、神奈川工科大学では2010年度より、 食とアート(絵画と音楽)を融合させた体験イベントとして、「食とアートのコラボレーション」を 毎年1回実施してきました。今回は、初の試みである箱根でのイベントとなります。 テーマは「五感を使って印象派を読み解く」。キュレイターの林綾野さんによる 印象派のレクチャーを、この時代の絵画コレクションが充実しているポーラ美術館で行います。 美術館では、レクチャーの前後に心ゆくまで作品をご鑑賞いただけます。 さらに、ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパのラウンジでは、ジャズピアニストの Hakuei Kimさんに、印象派からインスピレーションを受けて書き下ろした新作も、披露していただけます。 食前あるいは食後のライブ演奏をじっくりお楽しみください。 お待ちかねの食事は、大学の栄養生命科学科の学生と熟練のシェフのコラボレーションです。 同ホテルの金山康弘総料理長は、フランスで10年以上の実績を持つ実力派。栄養生命科学科の学生が 印象派を象徴するキーワード「光」「色」「調和」の中から「調和」をテーマとしてレシピを考案。 総料理長と彼のチームがそれを受けて、印象派を読み解き、洗練のお皿に仕立てます。 絵画と音楽と食事――五感すべてで感じる時間。箱根で皆様をお待ちしております。

開催日

ディナー&ステイコース 2016年 1月 23日(土), 24日(日)
ランチコース 2016年 1月 24日(日)

会場

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ (宿泊・食事・音楽) ポーラ美術館 (アートレクチャー・絵画鑑賞)

 

リーフレットのダウンロード

foodart5thamb●第5回「食とアートのコラボレーション」 プログラム, 公演・出演者の詳細が掲載されたリーフレットをご用意しております. 左の画像をクリックするとzipファイルがダウンロードされます.このままブラウザで開く場合はこちらをクリックしてください.

me5_pdf_di

 

me5_pdf_lun

 

post_yen1

・ゲストルームツイン利用の1名様1室料金は,¥65,700(サービス料,消費税込み)です.

 

 

 

post_yen2

 

関連サイトへは,以下よりアクセスできます.
宿泊・食事・音楽  ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパhttp://hakone.regency.hyatt.com/ja/hotel/home.html

アートレクチャー・絵画鑑賞 ポーラ美術館
http://www.polamuseum.or.jp/

 

ランチコースに参加される方の宿泊には,以下もご検討ください.
箱根強羅温泉旅館組合
http://hakone-gora.com/inn/

講演・演奏者のプロフィール

饗場 直美氏饗場直美

神奈川工科大学栄養生命科学科教授。ノートルダム清心女子大学、徳島大学大学院・医学研究科・博士課程を修了後、国立公衆衛生院、MIT (ポストドク)、独立行政法人国立健康・栄養研究 所主任研究員、栄養教育プログラムリーダーを経て2011年より現職。免疫の基礎研究からより実践的な栄養教育・食育に研究テーマを広げ、公私共に食育を実践中。子どもから高齢者までの生涯を通じた健康づくりの為の科学的根拠に基づいた食生活を提唱し、行動科学理論に基づいた栄養教育の実践・評価と食育における環境整 備や評価法について研究を行っている。NHKテレビ「今日の健康」等に出演。

林 綾野氏林 綾野

キュレイター、アートキッチン主宰。美術館での 展覧会企画、美術書の企画、執筆を手がける。新 しい美術作品との出会いを提案するために画 家の芸術性と合わせてその人柄や生活環境、食 への趣向などを研究。これまでに手がけた展覧会『ピカソとクレーの生きた時代展』『フェルメー ルからのラブレター展』( 2009年・2011年)、 『熊谷守一展』(2014年)『安野光雅展』(2016 年)など。主な著作『ゴッホ旅とレシピ』『フェル メールの食卓』『モネ庭とレシピ』『新装版 ぼくは ヨハネス・フェルメール』(講談社)など。月刊誌 『Precious』(小学館)、『ミセス』(文化出版局) にて連載中

 

Hakuei Kim氏Hakuei Kim

ピアニスト・作曲家。韓国人の父と日韓ハーフの母のもと、京都市に生 まれる。 5歳の頃からピアノを始める。高校卒業後、オーストラリアへ渡 り、シドニー大学音楽院に入学。2005年に帰国し、 5月にデビュー・ア ルバムを発表し、国内のみならず、フランスのジャズ誌JAZZMANで 4つ星の高評価を受ける。2009年にピアノ・トリオ「トライソニーク (Trisonique)」を結成。2011年1月、ユニバーサルミュージックジャ パンよりメジャー・デビュー・アルバム『トライソニーク』をリリース。 2011年12月、自身初となるソロ・ピアノ・アルバム『ブレイク・ジ・アイス』をリリース。「トライソニーク」 として2013年7月に『ボーダレスアワー』、2015年11月には韓国の伝統音楽家、ミン・ヨンチ率いる 「新韓楽」とのコレボレーションにより『HANA』を発表。

aida

ゲストミュージシャン

会田桃子

横浜市生まれ。 3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科 を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。在学中よりアストル・ピアソラやア ルゼンチンタンゴに興味を持ち、バンドネオン奏者小松亮太氏のバンド で演奏を始める。卒業後はソロヴァイリン奏者として、国内外のコンサー トで活躍。その後度々本場ブエノスアイレスを訪れ、現地のミュージシャ ンたちとのライブや、ブエノスアイレス市立タンゴオーケストラ学校などで研鑽を積んだ。ピアソラ作品、オリジナルなどを演奏。Jazzの即興性 をより強く含んだ、更に新しい形のタンゴを模索する。

 

主催:神奈川工科大学、箱根体験型食育プログラム実行委員会*

(*正式名称:平成27年度 地方創生大学連携事業「箱根温泉のソ-シャルキャピタルを利用した体験型食育プログラムの構築事業」実行委員会)

 

リーフレットのダウンロード

foodart5thamb●第5回「食とアートのコラボレーション」 プログラム, 公演・出演者の詳細が掲載されたリーフレットをご用意しております. 左の画像をクリックするとzipファイルがダウンロードされます.このままブラウザで開く場合はこちらをクリックしてください.

 


KAIT 次世代音楽音響システム研究プロジェクト KAIT Acoustics © 2016 Design crout