KAIT 次世代音楽音響システム研究プロジェクト KAIT Acoustics

音響の最先端へ. バーチャル楽器製作から立体音響まで. 神奈川工科大学では,次世代の音楽音響システムを研究しています.

2014楽器フェア 速報 3日目

初日から会場全体が盛り上がり、ついに最終日を迎えました。

本日も多くの方々にネオヴィコードを触って、実際に音を出し、楽しんで頂きました!

ネオヴィコードの大きな特徴「鍵盤一つ一つ独立してベンド、ヴィヴラートが可能」これを皆さんにご理解いただき、試奏して頂けたことは私たちにとって非常に有意義でした!ありがとうございます。

プロミュージシャンによるデモ演奏が行われました

ネオヴィコードを実際にご自身のレコーディングやステージで使用しているジャズ・ピアニスト ハクエイ・キム氏に来場頂きました!! この楽器の特性を、最も理解しているプロミュージシャンと言っても過言ではありません。ネオヴィコード楽器フェア ハクエイ・キム

ハクエイ氏のデモ演奏が始まるとすぐにご来場の方たちが「なんだろう?あの楽器は?」と、興味津々に集まり出しました。演奏の合間にはネオヴィコードの特徴を解りやすく説明して頂きました。

ハクエイ・キム氏のWEBサイト(universal music japan)

試奏して頂いた様子をご紹介

小学生のアーティスト 亀井康生(こうせい)様
初めて触るネオヴィコードをすぐに弾きこなしてくださり、スタッフ一同感激です!



電子音楽ユニット technoplanet

30秒ほど弾いていただけませんか?というリクエストに快く応えていただきました。


西脇辰弥様

演奏のために来場されていたミュージシャンです。
ベンド、ヴィブラートをすぐにご理解頂き、深いところまで弾きこんで頂きました!

その1

その2 ベンディングを試す(仮タイトル)

後で気が付きましたが、この試奏のあとにすぐにハモンドオルガンやメロディオンで有名なSUZIKI楽器様のブースにて、デモンストレーションライブでブルースハープを演奏されていました。

ロックテイストでハードに弾いていただきました!演奏する方によって、ネオヴィコードが秘めている様々な可能性を引き出していただいていると言ってもいいでしょう。ありがとうございます。


「紅い流星」様
なんと初日にも試奏していただき「これはマジで新しい!」とお言葉を頂いた若手で勢いのあるキーボーディスト「紅い流星」様が来てくれました!!ROLAND社でのデモンストレーション演奏を終え、お疲れのところをたくさんのお友達もつれて来ていただきました。

ネオヴィコードは高性能ピエゾピックアップで弦の振動を拾い、エフェクターを通すことができます。クリーントーンに、エフェクトの音色を混ぜたり、クリーンのみ、もしくはエフェクトのみなど自由自在に音作りができます。そのあたりを既に初日に体験されているので、もうネオヴィコードのベテランのように使い込んでいただきました。

大きく分けて3段階の音色で楽しんで頂きましたので動画も分けてお届けします。

クリーントーン ネオヴィコードの弦の音そのものです。(ここでは、厳密にはリバーブがかかっています)

クランチ、オーバードライブ系 ハウリングギリギリまでブーストしていただきました。

フランジャー

初日に「また来ますよ」とさわやかにお帰りになったのですが、最終日に本当にまた来てくれました。一同感謝感激です!!


楽器フェア、熱い3日間でした。様々なご質問やご意見を頂くことができ、大きな収穫となりました。今後もこの新型鍵盤楽器neovichord(ネオヴィコード)の改良を重ね、もう一度皆様に弾いていただきたいと願っております。

日本楽器フェア協会および2014楽器フェア運営委員会の方々、全ての参加出展社様、ご来場頂いた多くの音楽・楽器ファンの皆様へ 心より御礼申し上げます


KAIT 次世代音楽音響システム研究プロジェクト KAIT Acoustics © 2016 Design crout